読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【走る女】スイーツマラソン大阪で走って食べての感想とかそれまでとか

先月の話ですがスイーツマラソンで6km、完走しました!

大人数の大会で走ったのは初めてでこわかったー。でもしんどいながらも楽しく美味しく走れました。まさか70kg超だった私がランナーになるとは、人の縁とは不思議なものですな

 

f:id:midnight_monster:20160307100752j:plain

 スイーツマラソンとは

給水所に加え給スイーツ所というスイーツが補給できるブースを備えた甘いもん好きにはたまらんマラソン大会。有名店やブランドスイーツが一堂に会する。難点は走りながら食うと喉が詰まる

基本スペック

小~中学・喘息肥満児 走行可能距離2km未満

中~高・運動部所属 走行可能距離3km。短距離ならば無双

社会人・人生最高体重更新 走行可能距離0。走ろうとも思わない

メンタル最強。自分は何でも出来る。走ろうと思えば私はいつでも走れるはず 

練習

練習は自主練と月一回の大阪城での練習。月一マラソン教室の最初は途切れ途切れに5kmちょい。途中歩いたりおしゃべりしながらゆったりと。大会までに通しで6km走れるようにはなったけどタイムは1時間近くかかった。

自主練では仕事帰りに毎日2kmを目標に。つっても本番一週間前から慌てて走り出したのね、夏休みの宿題とか溜めて泣きをみるタイプです

大会当日

必死の雨乞いもむなしく快晴!クッソ

f:id:midnight_monster:20160307144450j:plain

赤ジャージがわたし。その横がさぬっぴー(マラソン教室の師匠)

そして、

 

応援兼撮影係オカン

f:id:midnight_monster:20160307100855j:plain

 スイーツ所にも走行ルートにもガンガン入ってくるオカン。なぜかボランティアスタッフにわらび餅をもらうオカン。他の参加者にも愛想振りまいて声をかけられるオカン。

 

一斉スタートで団子状態の中スピードが上げられず1周目の給スイーツは泣く泣くパス。1周2kmを3周。あとチャンスは2回。ただし制限時間は50分。完走出来るのか!?

ほとんどのひとがスイーツに留まっていたのでようやく人の少ないとこで走れるように。こっからスピードを上げる。2周目にしてやっとスイーツ!

エッグタルトにスイートポテト、ティラミス、チョコケーキを2分でむさぼる。選んでる余裕はないのでとにかく目に入ったものを食べる。喉に絡むチョコを給水所で飲み下し最終周へ!

ボランティアスタッフのおじいちゃんおばあちゃんの応援に泣きそうになりながら歩き出した他の参加者を追い抜きながら、迫りくるタイムアップに急かされようやく最後の給スイーツ。

 

なんと横っ腹が痛くて食べれない

。・゚・(ノД`)・゚・。 

 

ワッフル片手になんとかゴール!

制限時間内に完走出来ました。ギリギリ?47分はまぁまぁよね。

f:id:midnight_monster:20160307151608j:plain

 疲れ果てて死ぬほどドブサイクな完走直後のわたし。

f:id:midnight_monster:20160307152125j:plain

師匠と。しんどかったけど楽しかった!

 

 

  

元凶さぬっぴー http://sanuffy.net

運動とかけ離れた生活をしていた私が走るようになったきっかけの人

なんか気軽に出来そうな気がしたの。なんでだろう。なぜか走りたいと思ったのね、そしたら先生になってくれました。

魔法の言葉「わたしも最初は走れなかった」

 

おまけ

f:id:midnight_monster:20160307100611j:plain

 喫茶店でお茶するもなぜかオカンのミニマリスト考を聞くはめに。

主にわたしへの愚痴

 

 

応援してくれた皆さまありがとうございました!