エステの勧誘が恐かったはなし

70kg周辺をうろちょろしていてようやく70を切った。

エステに行った。自分へのご褒美ってやつだ。

 

伏見の雑居ビルにあるバリっぽい安い作りの店に行った。
そこを選んだ理由はホットペッパーに載せてある写真が凄かったからだ。
肉が波打ちエスティシャンの手が埋まっていた。痛そうで素敵。

エステは何度か受けたことがある。特にくずはモールの改装前に入居していたリラクゼーションサロンはお気に入りで、髪を自分で切るようになってからは美容院のかわりに給料日のたびに行った。あとは観光地でのホテルエステだったり、銭湯にあるレジのバーサンがやってくれる謎の油エステだったり。

初回限定の体験メニューで50%割引の5000円。120分でこの値段は安いと思った。
早くに着いたので駅前の商店街をぷらぷらして、総菜屋のコロッケに吸引されるところだったがこらえた。11時に店に行って、カウンセリングを軽くしてから施術に入った。

温かい分厚い布団みたいなものを巻いて、電気を流して、汗をたっぷりかいてからオイルマッサージ。めちゃくちゃに痛くてでも気持ちよかった。肩がスッキリしてふわふわする。施術してくるお姉さんはずっとしゃべっていた。返事が面倒で黙っていてもお姉さんはずっとしゃべる。コースが10回で11まんえんとか20回だと18まんとか、このままだとセルライトがやばいとか自分への投資とか。手を動かしつつしゃべるのは凄いなぁと思った。一回づつの支払いで好きに通いたいと言ったらそんなものはないと言われた。わたしが今まで行っていたところはエステじゃないらしい。エステはコースじゃないとダメなんだって。

オイルマッサージが終わってまた温かい分厚い布団みたいなものを巻いた。汗をだばだばかきながら気持ちよかったので目をつむった。
「寝たら代謝が鈍るので寝ないでください」顔の上から声がした。目の前にお姉さんがいた。ちゅーされんじゃねえかっつうくらい近くにいた。お姉さんは少し怒ってるみたいだった。顔のそばで怒らないでほしい。せっかくいい気持ちだったのに。

そこからはずっとコースの契約の話だった。お金がありませんとか時間がありませんとか断っても、働いてんでしょとかもう30でしょとか言って、顔が近くにあって怖かった。お水くださいって言ったらシャワーの後でって言われた。シャワー行きたいって言ったら発汗パックが終わってからって。金額が大きいし決められませんと言ったらローンが組めると言われた。私は心の失くしかたをいくつか知っていて、簡単なのは、マーって頭の中で言うと相手の声が入ってこなくなる。カタカナのほうがいい、マーーーーーーー。ラーゼフォン知ってるひとはイメージしやすいとおもう。あの音波的な感じだ。

f:id:midnight_monster:20150906192820p:plain

 

ネットに転がっているエステの体験談はみんなアフィリエイトがらみだと思っていて、勧誘がエグイとか他社のネガキャンだと思っていた。本当にあるんだなぁ。永遠にこのまま出られないんじゃないかと思って少し泣いた。お姉さんは特別に5回のコースをわたしのためだけに作ってあげると言った。家族と相談するって言ったらどうして今決めれないのって。イライラしてるみたいだった。 ぜったい来れない、買えない。どうしてどうして。こんなのがずっと続いて、タイマーが鳴った。シャワーですよって拗ねた声で言われて、ほっとした。

シャワーを浴びながらおしっこした。これで許してやろう。わたしは寛容なのだ。着替えが終わり、入口のソファで水を飲んだ。おいしかった。沁みた。

またコースの話をされたけど断ったら残念ですって言って帰らせてくれた。
5000円でいい体験ができた。

ご褒美といってもなんだかなぁという気がする。日帰りでどこか旅行に行きたい。

王将行ってニラレバ食べたい